ゆるゆるワチャワチャ

日々思うことをゆるくワチャワチャと主観的に綴ります


スポンサーリンク

トイレで思うこと

みなさんもトイレを使うことはあるでしょう。駅で、居酒屋で、カフェで、職場で、などなど様々なところでトイレを使いますよね。今回は、トイレのことで少し思うことを書きます。

 

同棲をしたら男性は座りションにするべきか、とかの話ではありません。人によってはそのことよりもっと本当に些細なことかもしれません。

 

個人的には、トイレってちょっとした憩いの場だとも思う訳なのです。あっこれは個室のトイレの話です。男性が並んで立って用を足すトイレの話ではないです。職場などであったら仕事の合間の軽い休憩というか、居酒屋などでみんなで飲んでいる時であればちょっと落ち着ける場というか、そんな感じなのです。

 

そのちょっと気を抜いている時に、ノックをされるとちょっとびっくりしてしまうのです。いや、ノックをされるのであればまだいいかもしれません。空いていると思って勢いよく開けようとされるとかなり驚いてしまいます。

 

というか嫌です。「もー!もう少しでウ◯コ出るから待ってよー」と思います。もしかしたら似たようなことを感じている人が私以外にもいるかもしれません。

 

もちろん、鍵はちゃんと掛けているので入ってこられる心配はないのですが、ちょっとした憩いが壊された気がしてしまうのです。

 

たいていのトイレは、ドアのところを見れば空いているかどうかわかると思います。(わからないタイプのトイレの場合はしょうがないと思っています。)鍵がかかっていれば赤くなっているので。そこを確認すれば、空いていると思って勢いよく開けようとする必要はなく、黙って待っていてもいいと思うのです。

 

もちろん、漏れそうで急を要する場合もあるかもしれません。私もあります。それでも勢いよく開けようとすることはありません。黙って待ちます。ノックもしません。少しモゾモゾしているかもしれませんが。

 

もっと言うと、ドアのところを確認すればノックも必要ないかと思っています。入っているかどうかは、ドアのところを確認すればわかるはずです。鍵が掛かってて誰もいないというのは、ほとんどないでしょう。

 

ノックをするのには、「お前早く出てこいよ!」という意味も込められているのかもしれません。もしくは「外で待っている人がいますよ?」という優しい感じなのかもしれません。ただ、いくらちょっとした憩いの場と言っても、もちろん用が済んだら出ます。というかそういう人がほとんどなのではないのでしょうか。

 

また、トイレが大変広い場合(オシャレなお店などにありがち)は、ノックを返しにドアのところに行くことでタイムロスになってしまい、出るのが少し遅れてしまうこともあるでしょう。

 

もちろんあまりに長すぎる場合は、スマホをずっといじっていたりすることも考えられるので、その場合はノックをしてもいいかもしれません。ただ、鍵のところを確認しないで勢いよく開ける必要はないと思うのです。

 

中に入っている人も、用を足したら出るという外で待っているかもしれない人に対して思い遣りを持つことは大切です。ただトイレにの中に入っている人に対しても、少し思い遣りがあってもいいのかなと最近よく思います。その気持ちを吐き出させてもらいました。

 

少しびっくりしやすい私の戯言でした。