ゆるゆるワチャワチャ

日々思うことをゆるくワチャワチャと主観的に綴ります


スポンサーリンク

ドラマ「カルテット」第5話 ネタバレとレビューというか感想 〜有朱ちゃんが怖い〜

TBSの火曜ドラマ枠で放送されている「カルテット」の第5話のレビューというか感想です。

 

 

前回の話のレビューというか感想はこちら

www.yuruwacha.com

 

第5話の概要

 

 前回は別府(松田龍平)と真紀さん(松たか子)が真紀さんの家にいるときに家のドアの鍵が開くというところで、終わりました。ここに来たのは巻鏡子(もたいまさこ)だったのです。巻鏡子はやっぱり息子(真紀さんの夫)は真紀さんに殺されたと思っています。それをすずめちゃん(満島ひかり)は信じないのですが。

 

そして、別府の弟がカルテットの4人が演奏しているレストランにやってきて、別荘を売り払うかもしれないことなどを別府に告げます。この別府の弟が口をきいてくれてたおかげで、カルテットの4人は大きなフェスティバルに出演できることになるのです。4人はこの仕事は大きなチャンスだと思い、かなりの意気込みを持って仕事に取り組もうとします。

 

ところが、この仕事は演奏力を評価された訳でも、カルテットの人達自身を評価された訳でもないのです。有名なピアニストのバックでコスプレをして演奏をするという仕事です。この仕事に対して、疑問を感じるメンバーも出てきます。それでもこの仕事をなんとかこなしました。

 

その後、有朱ちゃん吉岡里帆)が真紀さんのところに訪れて、真紀さんを色々と質問攻めをします。しかもすずめちゃんの前で。すずめちゃんは巻鏡子から用済みにされて、代わりを有朱ちゃんがやっているのです。すずめちゃんは真紀さんは殺していないと信じたいのです。

 

そして、その話の最中にICレコーダーが落っこちてしまいます。そのレコーダーを拾って再生する真紀さん。そこには、カルテットが集まった当初の話も録音されています。唐揚げにレモンをかけるかとか。有朱ちゃんは一応すずめちゃんと自分をフォローしますが、すずめちゃんは何も言えずに涙しています。

 

すずめちゃんは家を出て行くのですが、そこで偶然真紀さんの夫とぶつかることになるのです。真紀さんは家森(高橋一生)と別府に夫の写真を見せます。

 

レビューというか感想

 

三流は志を持たないほうがいいのか

 

カルテットの4人が大きなフェスティバルに出れることになるのですが、そこでの扱いは演奏者というのには程遠いものでした。コスプレに始まり、謎なセリフ、ダンス、などもやるのですが、演奏の練習はほとんどなしでした。

 

カルテットのメンバーは演奏者としてのプライドみたいなものがあって、演奏の練習を頼んだり、自分達で練習したりします。それでもリハの時間がなくなってしまったので、録画音源を流して演奏をしているフリをすることになりました。歌でいう口パク的な。

 

この仕事に疑問を持ったすずめちゃんと家森ですが、真紀さんの説得もあって仕事はなんとかこなしました。この時のすずめちゃんの涙に自分も涙しそうになりました。このあとにイベントのプロデューサー的な人が言うのですが、「志を持った三流は四流だ」と。

 

三流は志を持たない方がいいのかな?と疑問に思いました。そりゃ仕事だからビジネスだから、志とか言ってられない状況もあるだろうし、時には志が邪魔になることもあるとは思うのですが。でも何の志も持たない人よりは、志を持っていた方が情熱も湧き上がると思う部分のあるのです。「仕事だから」と言って何でもまかり通っていいのかとも思います。あんな扱いって。。

 

厳しい現実を突きつけられた感じがします。そして、このフィスティバルの仕事の現場でのやりとりもなんか怖いなと。最初はあげたと思ったら、サラッと貶める。プロデューサー的な人とか、ピアニスト目指している現場の人とか。もちろん、カルテットのメンバーの実力不足もあるのかもしれませんが。

 

朱ちゃんが怖い

 

朱ちゃんは、かなり真紀さんに切り込んでいきます。巻鏡子が、すずめちゃんより使えると判断したのもわかります。この時の有朱ちゃん、ものすごく怖いのです。

 

しかし、言っていることが正論でもあるのです。正論とは言わないまでも、納得できるところもあるというか。だからこそ、余計に怖く感じるのかもしれません。現実を直視しているというか。

 

確かにウソをつかないことなんてないかもしれません。ウソはつかないにしても、隠し事や言えない事などはあったりします。全部を正直に伝える事なんてほとんどないのかもしれません。それは友達でも家族でも恋人、誰が相手でも。

 

別荘はどうなるのか

 

カルテットのメンバーが住んでいるのが、別府さんの別荘なのですが、ここが売り払われるかもしれないのです。別府さん、早めにメンバー話してあげてくださいって思ってしまいます。言いにくいでしょうけど。

 

ついに真紀さんの夫が

 

最後に真紀さんの夫が登場しました。死んでいなかったのです。これには、ホッとしたのですが、この旦那さんの様子が少しおかしい?のです。手に怪我を負っていたり…

 

ただ、生きていたので真紀さんはとりあえず殺人犯ではないのでしょう。暴力はあったかもしれませんが。殺人疑惑は晴れたのかな。でも、この夫婦に何があったのかすごく気になるところです。

 

そして、真紀さんはすずめちゃんに夫がいなくなった次のパーティの写真の時にどうしてあんな顔になったのかを話していました。真紀さんはなんか割とすずめちゃんのことを信用しているようにも見えるのです。すずめちゃんも真紀さんを信じているようにも見えますし。

 

だからこそ、ICレコーダーが出てきた時には真紀さんはのショックは計り知れないものがあります。そして、ずっと隠していたすずめちゃんの罪悪感も相当なものなのでしょう。

 

ただ、このドラマ本当に何がウソで何が本当なのかが全然予測できないので、心の内側はわからない部分も多いですが。

 

最後に

 

今回の話で、物語はかなり意外な展開に進んでいきました。しかも、急激に。全然予想がつかなくてこのドラマは本当に面白い。そして、セリフのやりとりの1つ1つが深い感じ。でも誰を何を信じていいのかわからなくなりそう。笑

 

次回の話の感想はこちら

www.yuruwacha.com