ゆるゆるワチャワチャ

日々思うことをゆるくワチャワチャと主観的に綴ります


スポンサーリンク

うつ状態だった僕が会社に勤め始めて4ヶ月経って思ったこと

7月になり、僕が会社に勤め始めて4ヶ月が経ちました。会社勤めを再開して4ヶ月経って思ったことを書いてきます。

 

 

 

うつ状態から元の状態に戻ることはあまりないのかも

 

一回うつ状態を経験したら、うつ状態になる前の状態に戻ることというのはもしかしたらあまりないのかもしれません。私自身、現在は薬を服用していませんし、症状が発生した時と比べたらかなり状態はよくなりました。

 

ただそれでも、元の状態に戻ったかと言われると全然まだまだのように感じています。働いている時間の長さは、うつ状態になる前に働いていたケーブルテレビの会社とさほど変わらないのですがかなり疲れを感じますし、頭には気怠さのようなものあります。また、ケーブルテレビ会社時代には感じたことがなかった目眩がすることもしばしばあります。

 

 まだまだ元の状態に戻れる可能性もあるでしょう。また、年齢を重ねたから疲れやすくなっているということも考えらるかもしれません。ただ、それでもうつ状態を一度経験したからなのか、脳が敏感になって早めにブレーキをかけるようになっている感じもするのです。(あくまで個人的な感じ方なのですが。)

 

なので、うつ状態からの復帰や転職などを考えている方は休む前と同じパフォーマンスをすぐに発揮することは難しいことは念頭に入れておいたほうがいいかもしれません。じゃないと焦ってまた無理をしてしまうかもしれませんので。

 

通勤時間、休日などの条件面もちゃんと考えたほうがいい

 

今これ私自身がちゃんと考えたほうがよかった、とものすごく感じていることです。休みがちゃんととれるか、またとりやすいかというのはかなり重要です。しっかり休養をとれないと、また体調に不調をきたしてしまう可能性も高まりますので。

 

私が勤めている会社は3連休がある時は翌週の土曜日などでどこかが出勤日になるのです。私は「まあ、いいっか。週に2日休めればいいでしょ。」と思っていたのですが、なかなか辛いものです。なめてました。

 

そして、通勤も大切です。かかる時間もそうですし、実際に自分が通勤する時の電車の状況なども考えたほうがいいです。満員電車での通勤は思った以上に体力を奪います。(私が嫌いなだけかもしれませんが。)

 

「条件でなくやりがいで仕事選べ!」という風潮も見受けられる昨今ですが、条件もないがしろにしないほうがいいと思います。(やりがいももちろん大切です。)

 

 色々な仕事をこなすうちに自分に合った仕事が見えてくるのかも

 

私自身転職を何度かしてきましたが、仕事を変えていくうちに自分に合ったものがわかってくるということもあると思うのです。私自身、最初の仕事であった営業は経験したからより合わないこと実感できましたし、webライターの仕事は楽しいなと思うこともできました。

 

今の仕事でお客様のサポートというかコンサル的な仕事は、最初は向いているかと思ったのですが、それがそうでもないみたいなのです。人と話すことがメインとなるような仕事がどうもあまり・・・なようなのです。やってみてわかることもあるのです。

 

だから目下キャリアチェンジを画策中です。

 

転職などの行動を起こすことは悪いことではないと僕は思う

 

勤めた会社を早く辞めて、転職をしようとすると、周囲の人から冷ややかな目で見られることも多いかもしれませんが、僕自身は全然ありだと思います。それがその人が考えた結果なのであれば。

 

「嫌な仕事でも長く耐えて続けていれば楽しくなる」「会社内の部署移動で好きな仕事に就けることもある」などなどあるかもしれません。もちろん、そういうこともあるでしょう。

 

だけど、私自身「それいつなの?」と思ってしまいますし、その嫌な仕事が楽しくならずにただ辛いだけで何年も過ごしてしまう可能性だってあると私は考えてしまうのです。耐えようとした結果、体を壊してしまうこともあります。だったら、自分の気持ちが向いている方に向かったほうが後悔なくていいのではないのかな〜と思ってしまいます。

 

「自分の人生を大事にできるのは自分だけ」と何かの記事で読んだことがありますが、まさにこの通りだと思うのです。

 


スポンサーリンク