ゆるゆるワチャワチャ

日々思うことをゆるくワチャワチャと主観的に綴ります

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

【サッカー日本代表】西野ジャパンの3バックを導入した場合のメンバーを勝手に予想

先日下記のようなニュースが流れました。

www.hochi.co.jp

 

西野ジャパンに3バックが導入される可能性があるそうです。そこで今回は3バックにした場合のメンバー予想とメリット・デメリットを勝手に書いていきます。

 

 

 

メリット

 

中心となるであろうメンバー達を適材適所に置きやすい

 

一番大きなメリットはこれかと思います。特に長谷部はクラブでは3バックの中央でのプレーがほとんどですし、吉田や槙野もクラブでは3バックでプレーすることが多いです。

 

また長谷部は最近ボランチだとパスミスが増えてきた印象があるため、プレッシャーの低い後ろからゲームを組み立ててもらったほうがいいというのもあるのかもしれません。後ろからのビルドアップも安定するかもしれません。

 

他にも2トップという選択肢があることで岡崎や久保、武藤も使いやすくなるでしょう。そして2トップにすることで大迫の負担も軽くなる可能性もかなり高いです。ハリルホジッチが監督だった時には右のウィングの適任者も結局見つからずじまいでしたし。

 

2トップではなく1トップに2シャドー型にしても香川や本田も使いやすくなるでしょう。乾や中島も2シャドーに入ることで守備の負担も軽くなりそうですし。また堂安も使いやすくなりそうです。

 

そして、コーチになった森保さんがサンフレッチェ広島時代に3-6-1(3-4-2-1)で結果を残していることも大きいかもしれません。

 

守備の安定度が増しそう

 

W杯に出場する国はほとんどが日本より強い国です。そのため、日本は守備に割く時間が多くなることが予想されます。3バックとはいえ、両方のWBが下がって5バック気味に守ることも想定しているのでしょう。

 

そして中央のセンターバックが3枚いるので、バイタルエリアにボールが入った時にセンターバックの誰かが前に飛び出して潰しに行きやすくなります。そのため、ボランチが前にプレスをかけに行きやすくなるでしょう。山口や井手口のようなタイプはそのほうがやりやすいかもしれません。

 

デメリット

 

短期間で戦術として落とし込めるのかが不安

 

これが一番不安なところです。いくらクラブでやっているとは言っても、一緒に組む相手が変われば、プレーで意識するところも変わってきます。選手はにそれぞれ癖などがあるはずなので。そういったところを短期間で落とし込めるのか。

 

日本代表のメンバー自体は長くやっているはずなので大丈夫かもしれませんが3バックになったことで、チグハグにならないかが不安です。(今までもチグハグな時はありましたが。)

 

結局ドン引きの守備一辺倒になりそう

 

これは一番起こりそうな感じはします。WBには使われるのはおそらく、長友と酒井宏樹でしょうが、両選手とも元々がSBの選手なので。

 

守備一辺倒になってそこから押し上げるのがなかなか難しくならないかなと。押し上げやすくするために2トップにしたりするのかもしれませんが。

 

まぁこの際、守備一辺倒で守りきってカウンターが一発でも決まって勝ってくれれば嬉しいんですけどね。

 

WBの負担が大き過ぎそう

 

これが一番不安なところです。特にセネガルはマネなどの快速のウィングがいるので3バックのサイドのスペースを使われるとかなり厳しいかなと。そうするとWBもかなり負担が大きくなるでしょう。

 

またWBは攻撃時に押し上げることも必要になるので、攻守両面での運動量がかなり求められそうです。2トップの選手や2シャドーの選手や中盤の選手がサイドに流れるなどして起点を作ってあげて負担を軽減させてあげることが必要かもしれません。 

 

予想メンバー

 

3-5-2(ダブルボランチ)版

 

   大迫  岡崎(武藤)

     香川(本田)

 

長友  大島  山口 酒井宏樹

 

 槙野   長谷部   吉田

      川島

 

大島のところはもしかしたら井手口の可能性もあるかなと思います。ボール回しを重視したいなら大島、守備のボールカットと飛び出しを重視したいなら井手口というところでしょう。

 

後半から原口を左のWBに入れるのもいいかもしれません。攻撃的に行く時にはその選択肢もあっていいかなと。

 

また岡崎のところは久保や中島も入る可能性もあります。

 

3-5-2(ワンボランチ)版

 

  大迫  岡崎(武藤)

  香川(乾)本田

長友      酒井宏樹

    山口  

 槙野   長谷部 吉田

    川島

 

攻撃的に行く時は2インサイドハーフ的に使うのもあり得るのかなという予想でこのメンバーにしてみました。守備にかなり不安が出そうですが。

 

乾をインサイドハーフにしてそこからサイドにどんどん流れてもらうのも面白いかと。その場合は、個人的には香川とのコンビネーションもみたいなと思っています。

 

フォワードは久保や中島が使われることもありえるかと。

 

3-6-2(3-4-2-1)版

     大迫

  香川   本田

長友      酒井宏樹

  大島  山口

槙野   長谷部  吉田

    川島

 

この布陣が一番バランスは良さそうな感じはします。2シャドーのところに入れたい選手が多すぎてかなり悩みました。乾、中島、久保、宇佐美、堂安、などなど。この形にした場合は2シャドーのポジションはかなり激戦区になりそうです。

 

この場合は大迫の交代枠は武藤かなと。ボランチも井手口、大島、山口などは悩むところです。

 

原口は3バックの場合はWBのほうがいいかなと。攻撃的に行く時の切り札として。かなりアップダウンもしてくれるのでスタメンもありかと。

 

最後に

西野ジャパンがどんな布陣でW杯に挑むのか楽しみです。そして、予想にはあまり入れなかったけど、若い選手ももっと積極的に使って欲しいなという気持ちはあります。


スポンサーリンク