ゆるゆるワチャワチャ

日々思うことをゆるくワチャワチャと主観的に綴ります


スポンサーリンク

未経験からITエンジニアに転職して3か月が経ちました

今の会社に入社して早いものでもう3ヶ月が経ちました。これまでは主に営業職系の仕事をしてきた私ですが、今はITエンジニアとして働いております。ちなみに、私は全然ITに明るい人材ではありませんでした。恥ずかしながら、javajavascriptが違うものというのも知りませんでしたし、RubyPHP?なにそれ?美味しいの?という感じでした。笑 ITに明るくなかった僕が営業系の職種からから未経験でITエンジニアに転職して3ヶ月経った今思うことをダラダラと書いてきます。

 

 

仕事で感じられるやりがい

自分の想い通りに動かせた時の快感

 

自分でコードを書いて、思い通りの動きをした時は本当に嬉しいです。快感!!自席で1人でガッツポーズしたりしてしまいます。それがより自分の中で難しめのものであればあるほど嬉しいです。

 

自分では無理だと思っていた機能が実装できたときはものすごく嬉しい

 

難しめのものであればあるほど嬉しいのですが、時には「そ、そんなことできるのかよ・・・」みたいな機能を作ることもあったりするのです。(→まだまだ未熟な私が思うだけで、ベテランの方であれば余裕かもしれないですが)ただ、最初はどうやって実装すればいいのか見当もつかなかった機能が出来るとかなり嬉しいものです。一皮むけた感が少し感じられるかもしれないです。

 

自分が作った機能・サービスをユーザー様に使ってもらえている時の喜び

 

自分がコードを書いてサービスや機能を作っている時ももちろん楽しいです。そして、さらにそのサービスや機能がユーザー様に使ってもらえるのが何よりも嬉しいです。そこから売り上げに直結した時にはよりやりがいも感じることができるでしょう。

 

わからなかったことがわかってきたときにすごく楽しい

 

本当ITのことは未だにわからないばかりなのですが、それが段々とわかってきた時は気持ちいです。技術の本やネットの記事などで何気なく読んでいたことが、後々に「あっこういうことだったのか!」とわかる時はかなり気持ちいです。まだ知らないことだらけなので、これからも色々勉強しなくてはいけません。

 

仕事で辛い時

 

いくら調べたり考えたりしてもやり方がわからない時

これが一番ITエンジニアにとってシンドイ時なのではないでしょうか。(もしかしたらイケてるITエンジニアの方はこんなシーンがないのかもしれないが。)新しいサービスや機能を作る時に、いくら調べたりしてもやり方に見当がつかない時。相談しようにも、どこからわからないのかもなんとも言えないという。また、サービスのバグの原因がいくら考えたり調べたりしてもわからない時もかなりシンドイです。

 

リリース前のプレッシャー(納期と正常に動くかの両面)

 

リリースされる前に機能がちゃんと実装できるのかという不安も結構あります。自分で考えた仕様だと足りない項目があったりというのも後から出てきてしまうこともありますし。(ここは自分の設計の力がまだまだなのがありますが。)

 

また、ギリギリになって終わっていないとかなり焦りますし。(ここも自分の計画の立て方が甘いのですが。)それで睡眠を削らざるをえない事もあります。(自業自得なのですが。)途中までいくら頑張ってもリリースできなければ自分の出した成果としては0になってしまいます。0か1かというのはなかなかのプレッシャーです。

 

そして、リリースされた後もちゃんと正常に動くかというプレッシャーもあります。自分が作った機能がリリースされた次の日くらいまでは気が気じゃないです。

 

わからないことだらけなのが辛い

 

一応TECH::EXPERTというプログラミングスクールに通ってからの転職ではありますが、全然わからないことが多すぎます。何がわからないのかわからないってわからないことだらけです。会議に出てもわからないことが半分くらいだったりすることもあります。

 

プログラミングスクールに通ってからの転職だったのですが、自分はまだまだ即戦力のエンジニアとは言えないです。数ヶ月学んだくらいで即戦力のエンジニアになるのは、かなりの天才なのではないかと思います。これからもかなり色々なことを勉強していかなくてはいけないなという危機感しかないです。

 

個人的にはエンジニアに転職して良かった

 

未経験からエンジニアに転職して3ヶ月経っての仕事のやりがいや辛い事などを書いてきました。辛い事もありながらも、エンジニアに転職して良かったと思っています。これまで書いてきた仕事のやりがいももちろんそう思う理由の1つですし、自分は営業よりもエンジニアに向いていたなとなんとなく思っています。

 

そして、それ以上に今後のキャリアの幅がかなり広がっていくところが一番かと思います。(→もちろんちゃんとスキルを身につけていけばですが。)ITエンジニアを好待遇で雇おうとしている企業も増えてきています。スキルさえ身についてしまえば、フリーランスという選択肢を選ぶことも可能でしょうし、会社に所属しながらもリモートで働くこともできるでしょう。自分の働く時間、働く場所、などを自分で自由に選ぶことができるようになるかもしれないことに一番魅力を感じています。

 

ITエンジニアは大変なこともありますが、自分で作ったサービスが世の中に使われるやりがいや、キャリアの幅などを考えても、魅力のある仕事なのではないのかなとは個人的に思います。


スポンサーリンク