ゆるゆるワチャワチャ

日々思うことをゆるくワチャワチャと主観的に綴ります


スポンサーリンク

映画「抱きたいカンケイ」レビューというなの個人的な感想 ※ネタバレあり

映画「抱きたいカンケイ」を見ました。レビューってほどでもないですけど、感想を書きたいと思います。

 

簡単な概要

 

アダム(アシュトン・カッチャー)とエマ(ナタリー・ポートマン)は友人関係ですが、ちょっとしたきっかけで体の関係を持ってしまいます。そして、二人はセックスだけの関係、つまりセックス・フレンドになります。嫉妬しない、ケンカしない、デートしない、朝食は一緒にとらない、など様々なルールを決めて関係を保ち続ける二人ですが…といった話です。

 

体から始まる関係はアリなのか、というのは意見が割れることでしょう。ちゃんと、連絡先交換して、デートして、告白して、付き合ってなどという手順を踏まなくては嫌だと考える人もいるかもしれませんね。また反対に、順序なんて関係ない!という人もいるでしょう。個人的には順序はあまり気にしない派ですが、気にする方がいるのも事実です。その辺がこの映画のテーマだったのかな。あとは、自然と惹かれ合う恋模様というか。ところどころ笑えるところのあるラブ・コメディです。

 

 

レビューというか感想

 

実は、セックス・フレンドを提案するのは女性であるエマなのです。これがちょっとびっくりなのところかもしれませんが、エマがそれを提案するのには訳があるのです。エマは、傷付くのが怖くて深入りをしたくないというのがあるのです。アダムはエマが好きでカッコつけてというのがあるのか、それかその時はそこまで惚れていないのか、その提案を受け入れます。

 

ところが、やっぱりセックス・フレンドという関係には無理があるのですね。段々と惹かれていってしまうし、嫉妬もしてしまう。ただ、それを言っちゃうとお互いの関係も終わってしまう。すごい葛藤がありますよね。一見セックス・フレンドって男性からしたらすごく都合のいい理想的な関係なのですが、惚れてしまったら話は別になってしまうといった感じです。このモヤモヤ感が映画の魅力かな〜。

 

あと、エマのことを好きな病院の同僚がアダムにひどいことを言うんです。アダムはテレビ番組のアシスタント的な仕事で、エマもその同僚も医者の卵。身分が違うと。この身分が違うところも面白いポイントでしょう。

 

そして、アダムがエマにデートを提案するのです。渋々エマも提案を受け入れます。この前にアダムのパパとアダムのパパの婚約者(アダムの元カノ)とエマとアダムで食事をするのですが、この時にエマが言うセリフが素敵です。「アダムには素敵な心がある」的な。「もうこれお互い好きじゃん!」「付き合っちゃえばいいじゃん!」って思うのですが、そこは頑ななんですね。特にエマが。そして、アダムはデートの時に「もう我慢できない」的なことを言うのですが、エマはさよならを告げます。

 

ところがエマはアダムのことを忘れられません。アダムは他の女性とも関係を持とうとするのですが、何かチグハグな感じになってしまいます。エマとはすごい自然な感じなのに。その時にパパが倒れ、アダムは病院にいきます。そこで、パパのセリフがカッコいいのです。「惚れる相手は選べない」と。何回か離婚・結婚を繰り返しているどうしようもないパパですが、最後にいいことを言うのですね〜。

 

エマはアダムのことが忘れらないとアダムに会いに家まで行くのですが、アダムと女性の二人が家に入るところを目撃してしまうと展開に。そして、そのアダムパパがいる病院がエマの勤務先なので、エマの同僚から話を聞き、病院に会いに行くことに。ここで二人は結ばれますと。

 

エマが深入りすることを恐れているところがなんともかわいいです。でも強がってしまう。そして、アダムの優しい感じも素敵。朝食を一緒に取るのを禁止していたのも、朝からエマは爆食いするからなのです。でも付き合ってからの変わりようがなんともかわいい。他のところも色々とハッピーな感じで終わっていました。

 

心温まるラブコメでした。

 

 

 

 

 


スポンサーリンク